2024-01

ノックアウトオプション

ノックアウトオプションなら儲かる!?ノックアウトオプションはFXよりも稼げると言われる理由

ノックアウトオプションはFXより儲かりやすい。確実な損切りが可能で、ハイレバレッジと同等の仕組みがあり高い資金効率を実現している。なおかつ国内業者の抜群の安定感がある。ただし指値を使った新規注文ができなかったり、スプレッドがFXと比較して広かったりとデメリットもある。正しい情報を収集してノックアウトオプションで稼ごう。
テクニカル

ノックアウトオプション攻略法はプライスアクション!上位足を見て下位足で5~10pipsとる。

ノックアウトオプションの攻略法はプライスアクション。指標狙いとか両建てとか、スキャルピングとか、そんなのは攻略法じゃなくて取引スタイルの話だろ?本質を見失うなよ。今回はノックアウトオプションの攻略法をテクニカル分析の視点で詳しく解説する。おれの取引手順も紹介するから、よかったら参考にしてくれ。
ノックアウトオプション

ノックアウトオプションのデメリットを知って勝つ!よくある勘違いと一緒にわかりやすく解説

ノックアウトオプションはデメリットが多い。FXよりも稼げる可能性があるだけに、しっかりとデメリットも把握して対処しておきたいところだ。本記事では、ノックアウトオプションのデメリットやよくある勘違いについて詳しくわかりやすく解説する。特に海外FXをやっている人、国内FXで勝てない人、デイトレーダーは必見だ。
FXTF

FXTFノックアウトオプション24時間クイック入金手順をわかりやすく解説!注意事項や振替方法もチェック

FXTFのクイック入金は24時間即時反映だ。ニューヨークタイムから突然取引したいと思っても対応できる。入金手順もカンタンで、数分で完了する。ただ、対応できる金融機関が9行しかない。その他の金融機関の場合は通常の振込入金を利用しよう。今回は、FXTFの入金方法の特徴や手順をわかりやすく解説する。即時反映の振替方法も紹介。
トレード

【2024年1月開始】ノックアウトオプション1万円チャレンジをやってみようか。

ノックアウトオプションで1万円チャレンジをやってみようと思う。少額からでも十分に大きな利益を狙える商品だから、海外FXなんて怪しい業者使ってないで国内の安心業者を使ってほしい。と、元海外FXトレーダーのおれは思う。本当に少額から増やせれば、ノックアウトオプションユーザーが増えるんじゃないだろうか。そんな期待もある。
ノックアウトオプション

ノックアウトオプションは勝てないっていう口コミ・評判があったから、原因と勝ち方を解説する

ノックアウトオプションは勝てないとか、危ないとか、儲からないとかそんな口コミは少ないけどある。FXよりも勝ちやすいノックアウトオプションで、なぜ勝てないのか。今回は口コミをもとに勝てない理由や勝ち方を解説する。ノックアウトオプションの特徴や注意点を把握して、最終的には自分で攻略法を組み立ててくれ。それが唯一の必勝法だ。
ノックアウトオプション

ノックアウトオプション両建てでリスクヘッジ?2倍の稼ぎ?危険な攻略法の嘘と大事な考え方

ノックアウトオプションの攻略法として両建てが紹介される事が多い。とんだ間違いだ。IG証券公式までも両建てを攻略法として紹介しているからたちが悪い。両建てはコストが2倍になる上に、ポジション管理の複雑さも2倍になる。適切なタイミングで2つのポジションを決済しなければならず、難易度が上がる。両建ては禁止した方が良い。
トレード

【リアルトレード】テクニカル分析でレンジブレイクを見送って逆張り12pips獲得

金曜日はレンジになりやすく、ニューヨーク時間まではっきりしない値動きで、オープンが近づくと少しずつ動きが出始める。今回は移動平均線の間でレンジを形成して上方にブレイクしてから勢いよく下落した。下落しきったところで買いを入れて約12pips獲得したリアルトレードも交えて、レンジブレイクの見方、見送り方について解説する。
テクニカル

ドル円米国CPI終え、ボラティリティ向上し円高方向継続か?テクニカルでダマシを分析

米国CPIが発表された。予想から上振れしてドルが買われた。だが今は発表前の水準を割り込むまで売られている。あの上昇はダマシなのか?そもそも米国CPIとは?結果の数値はトレードの根拠になるのか?アナリストや速報は頼りになるのか?テクニカルで詳しく解説する。自分で根拠を持ってトレードできるようにならないと稼げない。頑張れ。
テクニカル

ドル円の戻しはどこまで?大トレンド再開か、トレンド転換本格化か?テクニカル分析で見るフィボナッチ50%の攻防

2024年のドル円は年末の下落を止めて上昇でスタートした。このまま高値152円を抜けるのか、トレンド転換して円高方向に舵を切るのか。デイトレーダーにとっては関係ないが、フィボナッチの50%水準つまり半値戻しの面白そうなところなので、ちょっと長期的なテクニカル分析を交えて解説してみる。ドル円マネタリーベース比率にも着目。